【2015.05.17】Ludlow Castle

こんにちは!

ルドロウ・キャッスルです。


ルドロウ・キャッスル・プロジェクト

第51弾となるイベント、

『ludlow anecdote 6 Ludlow Castle』

(ルドロウ・アネクドート6 ルドロウ・キャッスル)

が5月17日に開催されました!

足を運んでくださった皆さま、ありがとうございました!!!



今回のイベントは、シリーズ初の試み!

世代を越えて、歴代のヒロインたちが、

すべての始まりの場所、ルドロウ・キャッスルへ…!


そんな特別なイベントのためなのか、

今回のご予約は久しぶりに即日完売!

「予約がとれなかった!」というお客様もチラホラ…(A・_・;)


前日の交流会ではそんなお客様もいっしょになって

みんなで過去の動画を思う存分に楽しみました(*^-^*)


 

ヌーベル・キュイジーヌに

おねだりして作ってもらった特製イカスミ・ピラフ!

美味しかったですね♪リクエストした甲斐がありました!!

ラストのじゃんけん大会では、

非売品の人物一覧表をゲットしていったお客様も!

(受け渡しは翌日のイベントにて行われました♪)


 

ルドロウ・シリーズももう50回超…

8年目に突入しました!!!


リクエストが多かったのは、

2011年2月の第20回

『ラ・レーヴ・デ・パピヨン』での

ミシェル×マックスのシーン。


昨年末に行われた

『ザ・カドゥケウス・オブ・ヘルメス』

とも繋がっていたり、

今見ると「な…なるほど!!!」

といった点も沢山ありました。

 

しかし…せつないですね、

ミシェルとレオ…

ミシェルとマックス…

マックスとリーネ…

リーネとウォーレン…!

 

 

ただし、今回はそんなミシェルも、

そして大人版マルグリートも

新しいキャストへ一新することになりました!!!

 

さあ!

参加できた貴方も

参加できなかった貴方も

あの夢のような一日をもう一度…!

 


ワトキンさんから説明を受け、

サンドロさんに案内されて館内に入ると…

「ルドロウ・キャッスルへ、ようこそ!」

従僕のノーマン、そしてメイドの

エミー・リネット・ノーラがお出迎え。

 

 

一方、中央のソファには華やかに着飾った

8人のプリンセスたちが…。

「ごきげんよう」

どこに目をやったらよいか

わからなくなるほどの華やかさに

圧倒された方も多かったのではないでしょうか?(*^O^*)

 

 

そしてテーブルに案内されると…

そこには既に可愛らしいスイーツや軽食たちが!!

 

 

今回のティーパーティー、実は、

さすらいのパティシエアリーヌさんの長年の夢でした。

華やかなプリンセスを集め、

とびきりキュートなスイーツをみんなで楽しむ…

そんなティーパーティー!

 

 

しかし、プリンセス8人

一人一人をイメージしたケーキ作りは

デザインやレシピを一から生み出し

お客様の人数分ご用意するとっても大変な作業!!

でも、そのおかげでとっても美しいケーキが完成しました.+*

 

 

左上から時計回りに、

マーガレット・イザベル・カミーラ・リーゼロッテ・

ディーナ・マルグリート・ウェンディ・ミシェル!

 

このケーキ、一個目は料金内なので

アンディとニックスがお客様の席まで

お披露目に回っていました♥


ケーキが運ばれてきた瞬間、

みなさんのお顔がぱぁっ…と明るくなったのを、

私は見逃しませんでしたよ!!!

 

 

紅茶も一杯目は料金内で

プリンセス・使用人たちの

おすすめの紅茶が選べたのですが、

そちらもいかがでしたでしょうか?

紅茶は、おすすめしたキャラの

フォトカードもついてくるのでいつでも大人気です♪


 

さて、

記念撮影をしたり、グッズを眺めたり、

美味しいスイーツを食べたり…。

しばらく歓談していると舞台が暗転。


リリィ・テイラーでもよく使われる

「I could have danced all night」

の曲にのって、ストーリーが流れはじめます。

 

そして動画が始まると…この日限りの夢の舞台!

プリンセス一人一人の紹介が動画で流れ、

ノーマン&リネットをバックダンサーに

プリンセスたちのダンス・レビューが始まります――…

 

 

M-1『My Favorite Things』

 

マーメードラインの

真っ白なドレスを着たミシェルが舞台へ…。

明るく、愛らしく、そして時に

せつなそうな表情で優雅に舞うミシェル。

 

彼女の名前は、ミシェル・ローズ・ハウエル。


マーガレットやイザベルのお兄さんであるロバート、

そしてその奥さんになったカミーラの間に生まれ、

早くに他界した両親に代わって

弟・ミックの面倒を見ているミシェル。

一時はいとこのレオと婚約し幸せの絶頂にいましたが、

二人の恋は悲しい結末へ…。

 

でも、悲しいことも乗り越えてゆける、

芯の強さをもったミシェル。

彼女のこれからには幸せが

たくさん満ち溢れていますように!

 

M-2『Happy Working Song』

 

舞台がふたたび暗転すると、中央には

ミシェルと同じ白のふんわりとしたドレスを着た

カミーラが舞台へ…。

 

彼女はミシェルのお母さん、

カミーラ・ベアトリス・マードック!


マードック伯爵家の三女として生まれ、

気さくで朗らかな笑顔が周囲を明るくさせる彼女。

その後夫となるロバートとは幼い頃からの仲良しで、

『ルミエール・デュ・ソレイユ』でも

そのラブラブっぷりを披露していました。


その後はミシェルとミックという

二人の子供に恵まれ幸せな日々を過ごしますが、

最後は夫・ロバートと共に不慮の事故で他界…。

 

この日は美しく成長した娘のミシェルと夢の共演でした!

 

M-3『Jambalaya』

 

打って変わって、

バンジョーの陽気な音楽にのって軽いステップで現れたのは、

茶色のドレスを着たお転婆なお嬢様、ウェンディ!


彼女の名前は、

ウェンディ・オーレリア・ラングフォード。


アルフレッドとその妻・マーガレットの

三女として生まれるものの、

彼女自身はまだ自らが

伯爵令嬢であることは知りません。


ユアンという弟の存在も知らず、

両親の開設した田舎の農場

『スウィート・マルベリー・ファーム』で

他の3人の姉妹と共に育ち、

自由奔放に暮らしているウェンディは、

バルでお尋ね者をやっつけちゃうくらい

勝気で行動家なお嬢サマ!

ファームのことは、誰よりも真剣に考え、愛しています。

 

ウェンディも、お嬢様時代のお母さん

マーガレットと夢の共演でしたね♪


M-4『jealousy』

 

突然のバイオリンと共に現れたのは、

プリンセス…ではなく、メイド長のエミー!

しばらく彼女のソロが続きふたたび照明が付くと、

真っ赤なドレスのマルグリートが現れます。

 

彼女の名前は、

マルグリート・ジョスリーヌ・ヴェルニエ。

 

ガスパールとその妻・イザベルの長女として生まれ、

『オ・クレール・ドゥ・ラ・リュヌ』で育った彼女は、

『キングス・カレッジ・オブ・ヘイスティングス』

でもその片鱗を覗かせていた通り、

その後数々の男性を翻弄していきます。


その後、マクシミリアンと出会い、

『エグレッタ・サクラ』で二人で暮らし始めますが、

ある日突然別の男性との婚約を発表し

『エグレッタ・サクラ』を後に…。

今頃はどうしているんでしょうか??

 

母・イザベルとのツーショットは

この日一番強烈な組み合わせでした…!

 

M-5『Mama who bore me』

  

続いてゆっくりと立ち上がったのは、

淡いグリーンの混じった

白色のドレスのプリンセス、リーゼロッテ。

 

彼女の名前は、

リーゼロッテ・オクタヴィア・シェーンハルス。

 

シェーンハルス伯爵家の長女として生まれ、

兄のアルフォンスに可愛がられながら

『ラ・デア・デル・フォレスタ』で育ち、

その後はイベントにも実際に登場した

『ザ・ロイヤル・スクール・オブ・ウェントワース』へ。

ダンスの曲は、そのときのものです!

 

彼女は後に、エッフェンベルク伯爵家の長男・

ヒルデブラントと結婚しますが、

しばらく子供に恵まれず、彼の隠し子であった

マクシミリアンを二人の息子として育てます。

そしてその後、マックスの妹として

シャルロッテを産みますが…

健康状態が優れず、この世を去ってしまった彼女。

 

せめてマックスやシャルロッテには

幸せになってほしいところですが…

その続きは、また『ザ・カドゥケウス・オブ・ヘルメス』で…?

 

M-6『One short day』

 

「Come with me. To the Emerald City.」

(一緒に行きましょう、エメラルドシティーへ)

…そんなメッセージから始まった

『One short day』で立ち上がったのは、

この日も青緑のドレスを身につけていたディーナ!

 

彼女の名前は、

ディーナ・グラディス・ドランスフィールド。

 

ウェントワースでの悲恋を乗り越えた母・クレアと

その夫・ダミアンの間に長女として生まれ、

しばらくは幸せな生活を過ごしていたディーナ。

ところが、破産・父の自殺・母の病死…

相次ぐ不幸が訪れ、彼女は天涯孤独の身に。

その後、母の遺言に従って、

母の初恋の相手・サイモンのいる

マクファーソン家に引き取られ養女となります。

 

この日はドランスフィールド伯爵家の

長女として登場したディーナ!

この先も決して不幸に屈せず、

前向きな明るさを忘れずにいてほしいです!

 

M-7『Be our guest』


そして、ラストは…

ルドロウ・キャッスルのヒロイン二人!

 

ピンク色のドレスを着たハウエル伯爵家長女

マーガレット・ジニー・ハウエル、

そして黒色のドレスを着た、二女の

イザベル・マージョリー・ハウエル。

 

才色兼備、性格良好。

ルドロウ一のヒロインとして

誰からも愛されているマーガレットと、

その妹として自由奔放に育った、

派手好きでやや頑固のイザベル。


二人は対照的だけれどとても仲がよく、

それぞれの恋愛や人生に悩み、

そして別々の人生を歩いてゆきます。

 

マーガレットは、兄の友人・アルフレッドと出会い、

衝突を繰り返しながらもやがて恋に落ち結婚。

二人で『スウィート・マルベリー・ファーム』を開設し、

ウェンディ達四姉妹、そしてユアンの母となり、

一年の半分は伯爵夫人として、

もう半分は農場主の妻として生活しています。

 

 

イザベルは、若くして

兄の友人・ガスパールと恋に落ち、

歳上のガスパールを翻弄しながらも、

やがて彼の愛の深さに目覚め、結婚。


ヴェルニエ伯爵夫人となり、

オ・クレール・デュ・ラ・リュヌへ移住。

マルグリートら二人の子供に恵まれます。

 

時に悩み、苦しみながらも

それぞれの未来を切り開いていった

ルドロウのヒロインたち。


最後は全員が立ち上がり、

総勢10名での豪華なフィナーレへ!!!

 

 

 

…―いかがでしたでしょうか?

 

普段のイベントとは一風変わった今回のイベント…。

「このヒロイン見たことある!」という方にも、

「このヒロイン知らないなぁ…」という方にも楽しんで頂けたなら幸いです!

 

 

次回予告『The Royal School of Evergreen』

 

さて、次回のイベントは、

ワトキンさんから告知があったとおり

6月21日(日)に開催される、

新しい学園モノストーリー!

 

2015年6月21日(日)開催

『ザ・ロイヤル・スクール・オブ・エバーグリーン I イントロダクション』

です!!!!!

 

ヘイスティングス、そして

ウェントワースにつづく新学園!

本編イベントです!!


予約は6月7日(日)受付開始を予定しております。

 

 

 

 

 

50回目を超え、ますます進化していく

ルドロウ・キャッスル・プロジェクト…!

これからも、どうぞ、お楽しみに!!!

 

~♪